« ご契約 | トップページ | 上棟~お引渡し »

社会問題

とうとう社会問題になってしまいました。

今週月曜日の朝日新聞に記事です。

Cimg0583

住宅工事に使う断熱材が不足していて、工事が進まなくなっているそうです。

これはどういうことかというと、住宅の着工棟数が減ってきているのでメーカー側は減産態勢でいました。

そこに、エコポイント絡みの工事受注が予想をはるかに超えて舞い込んできたそうです。

全ては、温暖化対策の一環でしょう。

鳩山総理時代に掲げた25%削減によるものです。

それで勝手に総理を辞めてしまって無責任にも程があります。

おぼっちゃま総理だから仕方ないか…

おまけにエコポイント制度の影響で、ある住宅会社が、本来断熱材を必要としないところまで入れて、いかにも断熱性能が高いという営業を始めたそうです。

それに右に習えといわんばかりに、他社も使うようになって不足に拍車をかけているとも聞きます。

そんなことをすること自体おかしな話なのですが、一般消費者にとってはそんなことは知る由もありませんね。

断熱材が多く入っていれば、その方がいいに決まっていると思うのは当然です。

でも、まったく必要のない所に断熱材をいれたところで効果は上がりません。

結局はお金を無駄遣いしているだけなのです。

当社では、エコポイント制度の申請はこれまでに一件もありません。

新築住宅におけるエコポイントは、ある条件を満たせば30万ポイントです。

でもその為に、100万円も必要になるとしたら…

全て大手住宅メーカーの仕様に沿った制度としか私には理解できませんね。

確かに大手で住宅を建てれば、エコポイントはもられるでしょう。

その為だけに、坪80万円もする家を持てる人ばかりではありません。

35坪で建物本体2800万円です。

カーペンターホームではその半分程度です。

ただ、今回の断熱材不足については、いろいろな環境のなかで起こってしまったことでしょう。

誰が悪いとかは言えないような気がします。

断熱材メーカーだって、昨年100万戸割れした着工棟数を考えれば企業として減産は理解できます。

国の政策としても理解できない訳ではありません。

でも、最終的に被害者になってしまのは、消費者です。

もちろん、住宅業者も大変です。

納期の遅れは工期の延期につながります。

それによって、住宅注文者も予定通りに入居出来なくなります。

しかし本当の被害者は、その後に出てくるでしょう。

私は確信してその被害者を予想できます。

  

さて、カーペンターホームでは…

現在特に問題にはなっていません。

それなりの対応をこれまでにしてきました。

全ては、信頼と信用のお陰です。

でも、こんな時は特に助かりますね。

  

今週末はいよいよ今年最後の見学会です。

お引渡し直前の建物を一般公開します。

すでに、外構工事もほぼ終えました。

詳しくは、イベント情報をご覧ください。

http://www.c-okazaki.co.jp/

金曜日の朝刊に折り込み広告が入ります。

そちらもご覧ください。

それでは、

カーペンターホーム  岡崎 芳彦

|

« ご契約 | トップページ | 上棟~お引渡し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ご契約 | トップページ | 上棟~お引渡し »