« 三日坊主にも… | トップページ | また少し寂しさが »

正しい事

先週の土曜日に古代ドラマ、二話完結の二話を見ました。

一話は録画して二度見ました。

二話も二度見ました。

とても面白いドラマでした。

内容は、東大寺の大仏建設にまつわる話です。

一番最初にこの話を持ち出したのは、唐帰りの僧侶 玄肪 でした。

一緒に唐から帰った主人公の 真備 という学者とやがて対立していきます。

しかし玄肪は野心家の僧侶で、藤原氏に利用されて殺されてしまいます。

時の聖武天皇が大仏建設を発表して作られていくのですが、そう責任者に 行基 という僧侶を指名しました。

この行基という僧侶は、民衆の暮らしの為にいろいろな事業を行っていました。

主人公の真備は藤原氏と鋭く対立して、左遷を繰り返しながらもまた戻ってきます。

信念を貫き、最終的にはいろいろな人から信頼を得て行きます。

最近は、正直者が苦しい思いをしたりする世の中ですが、このドラマを見ていてすごく勇気をもらったような気がします。

日頃、正しい情報を提供して家づくりを間違った方向にしないようお伝えしていますが、今週末もそのことを伝えたいと思います。

明日の朝刊に、チラシが折り込まれます。

ご興味があったらおこしください。

ガソリン代を使って、時間を費やして、せっかくの休みを潰して、

それ以上の価値をお伝えします。

http://www.c-okazaki.co.jp/

イベント情報でご確認ください。

それでは、

カーペンターホーム  岡崎 芳彦

追伸

真備の妹役を演じていた、内山理名ってきれいですね!

|

« 三日坊主にも… | トップページ | また少し寂しさが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三日坊主にも… | トップページ | また少し寂しさが »