« 新年度 | トップページ | 迫っています »

人の心

私は歴史が好きなのですが、先日天平時代のドラマをやっていたのでじっくり見ていました。

好きなドラマは一度では理解できない場面もあるので、もう一回録画して見ます。

平城京から都を変える場面の時代背景でしたが、遣唐使や律令制度など、小学生の娘でも聞いたことがある言葉にはすぐ反応しているようでした。

なかなか古代史がドラマ化することが少ないので、興味深いですね。

以前は、聖徳太子のドラマがありましたが、それ以来かなあと思います。

今回のドラマの中で、行基という僧侶が出てきます。

民衆のために、橋を作ったり道路を作ったり、とにかく民衆から支持された人です。

時の聖武天皇は大きな仏像を建てて、心のよりどころにしてはどうかと考えていました。

いつの時代も、人の心をつかむことに苦労していたのだと感じます。

このことを、自分の会社にたとえた時、どうだろうなあと考えながら見ました。

その前に、夫婦関係や親子関係にたとえると……

人の心をつかむことって、簡単ではありませんね。

今週末に全二回の最終回があると思います。

とても楽しみに待ちたいと思います。

それでは、

カーペンターホーム  岡崎 芳彦

|

« 新年度 | トップページ | 迫っています »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新年度 | トップページ | 迫っています »